二日酔いとは?どうしてなるの?

二日酔いという言葉を聞いたことはあるかとおもいます。二日酔いというのはお酒を飲んだ次の日に酔いがさめずに、体調不良が続くという症状のことを指します。個人差や前日に飲んだお酒の量によって状態は異なってきますが、基本的に度合いは別にして食欲減退、頭痛、吐き気、身体がだるいといった症状が主になります。酷い人であれば、吐いてしまうという場合もあります。

お酒を飲む人で経験してない人はほとんどいないくらいだと思いますが、まず基本的に酷い二日酔いになるまでお酒を飲むということは避けることをオススメします。お酒を飲んでいる場は楽しかったり、気持ちが大きくなったりしてしまってつい飲みすぎてしまいますが、アルコールといのは身体にとっての毒ですので、最悪の場合は命の危険を伴うことがあります。

肝硬変であったり、アルコール依存症の原因はお酒という場合がほとんどですので健康のことをまず考えるようにしましょう。また、二日酔いはお酒の飲みすぎだけが原因というわけではなく、体質もありますので、あまり飲んでいないのに二日酔いになるという方は気をつけてください。

もちろん、二日酔いの仕組みについてはきちんと解明されておりますので、いつも二日酔いになってしまう方は特にそのメカニズムを理解しておくことが大切です。その場を楽しむのはいいことですが、それ以前に自分の身体のことを考えるようにしてお酒と付き合っていくことをオススメします。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *