漢方薬を使ったアトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療方法の1つに漢方薬を使うという方法があります。

アトピー性皮膚炎は皮膚がかゆくなったり、炎症したりする状態が長期間に渡るとストレスになります。しかし、自己治癒力を向上させることで症状が良くなる病気と考えて治療することが大切です。

漢方の使い方ですが、重症の方に対してはステロイド剤を同時に使用し、ステロイド剤を使用するときには塗り方、使用を中止する時期などを知っておかなければいけません。ほかにも、保湿剤も同時に使用することで漢方の効果を向上させることができます。

アトピー性皮膚炎に対して漢方薬を使うときには、湿疹や皮膚炎に効果がある漢方薬を使ったり、体質を改善する効果がある漢方薬を使ったりします。

まず、湿疹や皮膚炎がある場合に有効な漢方薬としては、皮膚が痛んだり、赤くなったりする場合に有効な消風散(しょうふうさん)、かゆみを抑えたり、炎症を消したり、膿を抑えたりする場合に有効な十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)があります。

ほかには、、アトピー性皮膚炎の状態が急に悪くなったり、悪化してしまった時期だったりする場合に有効な漢方薬としては、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)があります。また、体質を改善する場合に有効な漢方薬としては、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)があります。

虚弱体質の小児アトピー性皮膚炎の場合に有効な漢方薬としては、黄耆建中湯(おいぎけんちゅうとう)があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *